>
>
>
野菜は人の日常生活に欠かせないものだ

©青島夢億諾食品有限公司  鲁ICP备18029166号  POWERED BY 300.CN

オンライン相談
電話に連絡する

0532-82466377

野菜は人の日常生活に欠かせないものだ

【要旨】:
(1)野菜は、ビタミンA原(カロチン)やビタミンC、B1、B2などのビタミンC、ビタミンC、B2などが含まれています。カロチンの多い野菜には、ニンジン、ニラ、ほうれん草、キャベツ、キャベツ、キャベツ、ヒリオリ、カツオ、野菜など、ビタミンB1が多い野菜には、金針菜、草頭、香菜、蓮根、ジャガイモなど、ビタミンB2の多い野菜があります。ビタミンCは、唐辛子、トマト、野菜、草頭、甘青などが豊富です。(2)
(1)野菜は、ビタミンA原(カロチン)やビタミンC、B 1、B 2などのビタミンC、ビタミンC、B 2などが含まれています。カロチンの多い野菜には、ニンジン、ニラ、ほうれん草、キャベツ、キャベツ、キャベツ、ヒリオリ、カツオ、野菜など、ビタミンB 1が多い野菜には、金針菜、草頭、香菜、蓮根、ジャガイモなど、ビタミンB 2の多い野菜があります。ビタミンCは、唐辛子、トマト、野菜、草頭、甘青などが豊富です。
(2)野菜は人体のミネラルの出所です。野菜に含まれる主要なミネラルは、カルシウム、鉄、燐などです。ほうれん草、セロリ、キャベツ、白菜、にんじんなどは豊富な鉄塩を含んでいます。タマネギ、ヒマ、ナスは多くの燐を含んでいます。緑の葉の野菜は豊富なカルシウムを含んでいます。昆布、のりにも豊富なヨウ素が含まれています。
(3)胃酸を中和する。胃の中では、肉、米、麦が食べ物の消化を待つと酸性反応が起こりがちですが、これは野菜や果物の中和が必要です。一般の野菜や果物はアルカリ性食品で、一般的な高蛋白食品は酸性の食品に属して、多く野菜を食べて体内の酸アルカリの平衡を維持することに利益があります。
(4)その他の作用:野菜に豊富なセルロースを含んで、胃腸のうごめくことを促進することができて、消化を促進して便秘を予防する作用を起こすことができます。野菜はまた、生姜、ニンニク、玉ねぎ、ネギ、唐辛子、カツナ、香菜など様々な揮発性の芳香物質を含んでいます。野菜はまた、さまざまな特別な風味を加えられます。
果物と野菜の最も重要な栄養の作用はビタミンC、カロチン、ミネラル、食事の繊維を提供することです。
野菜は人の日常生活に欠かせないものだ
(1)野菜は、ビタミンA原(カロチン)やビタミンC、B1、B2などのビタミンC、ビタミンC、B2などが含まれています。カロチンの多い野菜には、ニンジン、ニラ、ほうれん草、キャベツ、キャベツ、キャベツ、ヒリオリ、カツオ、野菜など、ビタミンB1が多い野菜には、金針菜、草頭、香菜、蓮根、ジャガイモなど、ビタミンB2の多い野菜があります。ビタミンCは、唐辛子、トマト、野菜、草頭、甘青などが豊富です。(2)
なぜ野菜は肉の代わりにしてはいけませんか?ついに真相が明らかになった
なぜ野菜は肉の代わりにしてはいけませんか?ついに真相が明らかになった
安全野菜をどう選ぶか教えてください。
野菜は成長過程において、環境、気候、栽培などの影響を受けて、その安全性に差がある。そこで、購入時:まず、野菜の成長特性を知るべきです。一般的に、その成長シーズンに適している野菜は、その抗性と品質が最も良いですが、季節製品は、人工的な環境で成長しているため、自然の品質と安全度が低いです。また、農薬、重金属などの有害物質の蓄積量は、高から低い順に実類、果実類、根菜類、葉菜類。次に、成長シーズンによると
野菜は人の日常生活に欠かせないものだ
(1)野菜は、ビタミンA原(カロチン)やビタミンC、B1、B2などのビタミンC、ビタミンC、B2などが含まれています。カロチンの多い野菜には、ニンジン、ニラ、ほうれん草、キャベツ、キャベツ、キャベツ、ヒリオリ、カツオ、野菜など、ビタミンB1が多い野菜には、金針菜、草頭、香菜、蓮根、ジャガイモなど、ビタミンB2の多い野菜があります。ビタミンCは、唐辛子、トマト、野菜、草頭、甘青などが豊富です。(2)
野菜は人の日常生活に欠かせないものだ
(1)野菜は、ビタミンA原(カロチン)やビタミンC、B1、B2などのビタミンC、ビタミンC、B2などが含まれています。カロチンの多い野菜には、ニンジン、ニラ、ほうれん草、キャベツ、キャベツ、キャベツ、ヒリオリ、カツオ、野菜など、ビタミンB1が多い野菜には、金針菜、草頭、香菜、蓮根、ジャガイモなど、ビタミンB2の多い野菜があります。ビタミンCは、唐辛子、トマト、野菜、草頭、甘青などが豊富です。(2)
安全野菜をどう選ぶか教えてください。
野菜は成長過程において、環境、気候、栽培などの影響を受けて、その安全性に差がある。そこで、購入時:まず、野菜の成長特性を知るべきです。一般的に、その成長シーズンに適している野菜は、その抗性と品質が最も良いですが、季節製品は、人工的な環境で成長しているため、自然の品質と安全度が低いです。また、農薬、重金属などの有害物質の蓄積量は、高から低い順に実類、果実類、根菜類、葉菜類。次に、成長シーズンによると